やくざいしめんきょもってるだけ

9年間同じ会社に務めた元薬局長。アンチ正社員薬剤師の日記

「転売=悪」なのか?

「転売をやっている」と言うと

「え、詐欺?」と言われることがたまにあります。

 

転売をしている身からいうと

あまり良い気分はしません。。。

 

しかし、少なからず悪い印象がつきまとっているのは

事実なのかもしれません。

 

他にも転売と聞くと思い浮かべてしまうのは、

「チケット転売」だとか「ダフ屋」といった

悪い印象なのではないでしょうか?

 

こんな印象があると転売を始めてみたい人にとっては、

自分が悪いことに手を染めてしまうのではないかと、

二の足を踏んでしまいますよね。

 

そこで、転売のイメージが良くならないかと考えてみました。

 

 

 

転売は最も簡単な商売の基本

 

 転売の原理はモノを安く仕入れて、それよりも高い値段で売る。

この差が利益になります。

ごくごく簡単な算数ですね。

 

これって、世の中の多くの商売の基本なのです!

 

普段あなたが食料品や日用品を買いにいくスーパーは、

あなたに売る肉や野菜、トイレットペーパーの値段よりも安く、

精肉店さん、農家さん、製紙メーカーさんから仕入れを行っているのです。

 

そう考えると、世の中のスーパーや百貨店、コンビニ、ドラッグストアなど

の商売はすべて転売であると考えられます。

 

これらのお店は、

私たちが肉を買いに肉屋さんへ、

野菜を買いに農家さんへ、

トイレットペーパーを買いに製紙メーカーさんへ

それぞれ買いに行かなくても良いように暮らしに便利を提供してくれているのです。

 

これで少しは「転売」という言葉への悪い印象は薄まらないでしょうか。

 

 

転売は“エコ” 転売は“リサイクル”

 

日本の“もったいない”は世界に通ずる言葉だとどこかで聞いた覚えがあります。

 

 

本はブックオフに行けば買い取ってもらえ、

家電や衣服、雑貨はリサイクルショップに行けば買い取ってもらえるのです。

 

このように自分で買ってきて不要となったものを売りにいく。

あるいは、頂き物だけど使用しないものを売りにいく。

 

自分の不要なモノがお金に変わり、

買い取った側もそれをまた欲しい人に販売することによって利益を得る。

 

お互いwin-win

お互いハッピーな関係になっているではないですか!

 

私たち個人がただモノを消費するだけではなく、

このような場を使って、モノを巡り巡らせることができるのです。 

 

 

転売は買いたい人と売りたい人を繋げる架け橋だ!

 

どういうことかと言うと、

 

インターネットによって人と人が簡単に交流できるようになったのと等しく

モノの交流も断然容易になったのです。

 

Amazon

メルカリ

ヤフオク

ラクマ

フリル

etc...

 

一度は聞いたことがあると思います。

これらに登録すると、

月額使用料や販売手数料と引き換えに、

手軽にモノを売買することができます。

 

インターネットによって

モノの売買が簡単にできるようになったのです。

 

ひと昔前では、何かモノを売るためには

店舗を構えたり、フリーマーケットに出店をしなければなりませんでした。

 

今や店など持たず、PCやスマホ1つでモノの売買ができてしまうのです。

 

 

女子高生が彼氏から貰ったいらない香水を

メルカリで売ってしまう時代となっているのです。

 

メルカリの語源もWikipedia先生によると下記のようになっています。

「メルカリ」の名称は、ラテン語で「商いする」との意味の「mercari」に由来しており、「マーケット」の語もこの語が起源である

もはやこれは個人でできる立派な“商売”ですね。

 

 

 

転売をやっていて出会った人達

  • UFOキャッチャーが好きで、景品を獲ることに快感を覚え、獲った景品には興味を持たない人
  • 好きなアニメのグッズがゲームセンター専売品で、欲しくても、UFOキャッチャーが下手で獲ることができない人
  • ゲーセンで景品を取るのは得意なのに、地元のゲーセンには欲しい景品を取り扱ってくれないところに住んでいる人
  •  1パック300円3枚入りのカードのパッケージの封を切る瞬間が好きで、中のカードに興味がない人
  • 欲しいカードがあるのにブラインドパッケージで何パック買っても欲しいカードが手に入らない人

 

 

このような人達の架け橋となるのです。

このような人をかたっぱしから繋げてあげると、とても喜ばれます。

需要と供給がマッチした時、

売り手も、買い手も、架け橋となった自分もみんなハッピーになります。

 

さすがに、

パッケージの封を切る瞬間が好きとかどんな変態かと思っ。。はビックリしました。

世の中いろんな人がいるものですね。

 

 

みんなハッピーになる一つの手段としての転売

 

こんな感じで、

しっかり買いたい人や売りたい人のことを考えて転売をしていると、

いろんな人と交流ができ、お礼の連絡がきたりもします。

 

最初なかなか売れなくて焦ることもありますが、

続けるうちに売れるものがわかってきて楽しくなってきます。

 

決して転売は悪いイメージばかりではなく、

良い面もあります。

 

もっと、良い面がクローズアップされたり

転売を始めて収入が増え、生活の質が改善してくれる人が

少しでも増えることを願っています。