やくざいしめんきょもってるだけ

9年間同じ会社に務めた元薬局長。アンチ正社員薬剤師の日記

こうやって利益を少しづつ重ねていった!転売成功5つの例

これまで僕は

Amazonで出品をして、ヤフオクやメルカリで仕入れる方法の

無在庫転売をやってきました。

 

これまで転売をやってきて、

これはうまくいったなと感じた事を共有しようと思います。

 

 

 

 

1、先行者利益。誰よりも早く出品をする。

先行者利益ってよく聞く言葉ですが、

これは自分で何かしらのビジネスをやっていて、

嗅覚が優れた人だけが得られるもので、

自分には関係のない言葉だと思っていました。

 

AKBや乃木坂関連のグッズを出品していたのですが、

ある日、売れているものの共通点に気づいたんですね。

 

センターになるなど人気のある子が売れるのはもちろんなのですが、

発売されてすぐの商品は売れ行きが良かったのです。

 

この事に気づいてからは、

最新のイベント情報を調べてみたり、

無料メルマガに登録して最新リリース情報などに触れたり、

なるべくすぐにそのような商品を出品するようにしました。

 

こうすることによって、トレンドをつかめるようになり、

利益が伸びていきました。

 

 

2、イベント限定、ご当地限定

その場でしか手に入らないものは、

付加価値がつき利益につながると考えられます。

 

前項目の先行者利益に繋がるところもあるのですが、

そのイベントでしか手に入らない最新のものというのは

みんな欲しがります。

 

期日の決まったイベントには、

 

仕事の都合で参加できない人

地理的な関係で参加できない人

経済的な理由で参加できない人

 

大好きなアーティストがいても、

何かしらの理由で参加が叶わなかった人たちが必ずいます。

 

このような人たちのために、どこからでもアクセスできるネット上で

イベント限定グッズを紹介してあげるのはとても喜ばれることです。

 

 

3、セット販売

Amazonは1商品につき、1商品ページが基本です。

ヤフオクやメルカリのように、ひとつの商品に対し、

たくさんの出品者が様々な価格で商品ページを作れるわけではありません。

 

Amazonの家電などの商品ページを見ていただければわかると思うのですが、

1商品に対して、何十人もの出品者さんがひしめいています。

 

こう何十人もライバルがいると、

価格競争が起きてしまことがあります。

 

これを回避するために、

セット販売がとても有効なのです。

 

どういうことかというと、

1商品では競合ひしめいてしまうので、

その商品に何かもう一つ関連する商品を組み合わせて

新たに商品ページを作ってしまうのです。

 

同じ組み合わせで対抗してくるライバルもでてくるかもしれませんが、

何もしないよりは、ぐっとライバルが減り、売れ行きもよくなります。

 

4、ランダムな複数商品を揃えて出品してあげる。

セット販売に似ていますが、少し違います。

 

AKBや乃木坂のイベント会場には、

トレード会場なるものが存在します。

 

そこでは、会場限定で販売されたトレーディング写真の交換が行われているのです。

このトレーディング写真は5枚1組で販売され、

開けるまで誰が当たるかわからない仕様となっているのです。

 

このような商品を3枚セット、5枚セットなり揃えてあげたり、

全種類揃えたセットにしたりして販売をすると、

揃える手間を省きたい人には非常に有効な手段となります。

 

 

5、とにかく継続。とにかく続ける。

簡単そうに見えるのですが、これがなかなか難しいようです。

 

仕事やプライベートに忙しく、転売に時間を避けていられない。

結果がでないから、辞めてしまう。

 

転売なんてやらない理由は山ほどでてきます。

 

続けることによって、

他の人の気づかない自分なりの売れ筋商品が発見できます。

そうすると固定客がついてくれて、何度も購入をしてくれるようになります。

 

実際、僕にも1年以上定期的に商品を購入していただけている

お客さんがついてくれています。

 

他に競合してくる人がいないので、

この人のためだけにに出品をしている商品もあります。

 

そこから、また違う人が興味を持って買っていただけたり、

広がりがでてくるので、続けることがとても大事となります。

 

最後に。

 転売を初めたばかりの頃は、新しいことへの挑戦となるので

不安でいっぱいかと思います。

失敗もたくさん起きますが、それ以上にリターンもありますので、

なんとか続けたら良いと思います。

 

失敗例はこちらに綴らせて頂いております。

どうぞ参考にしてみてください。

kimamaniyakuzaisi.hatenablog.com