やくざいしめんきょもってるだけ

26歳から薬局長を勤めたいち勤め人の思うこと

これから前十字靭帯の手術を初めて受ける不安なあなたへ。僕も経験者です。入院から手術当日編

手術を受ける前に緊張しない人なんているのでしょうか?

そんな強心臓になってみたい。

 

先日、怪我から入院までについてのお話をさせて頂きました。

kimamaniyakuzaisi.hatenablog.com

こちらでは手術前日と当日についてのお話をします。

 

 

手術前は絶飲食

 

入院日は15時に病棟へ来るよう指示されて、病室に通されました。

4人相部屋の窓側のベッドでした。

 

夕食は支給されましたが、21時からは絶食、

翌朝7時からは飲み物も禁止されてしまいました。

f:id:kimamaniyakuzaisi:20170914172413j:plain

全身麻酔であるため、手術中にいろいろ出てこないようにするためですね。

できるだけ、お腹や膀胱はクリーンにしておきたいようです。

 

 

手術室に運ばれて

 

翌日、医師が午前中の診察を終えてから手術が始まります。

手術室に行くまでが一番緊張しました。

 

病室から手術室に行く用の台車に乗せられて、

病院の天井を眺めながら、普段乗らないエレベーターに乗って運ばれるんです。

 

手術室の前で、手術室のスタッフにバトンタッチし、

いつもの病室の看護師さんとお別れをします。

この辺が緊張のピークでした。

いよいよだなーって実感します。

 

手術室に入ってからは、

執刀医の先生と少しお話して、

その後、麻酔科の先生の出番です。

 

腰に何かを打たれてから、

「足動かせる?」

と聞かれ、最初動かせていたら、徐々に動けなくなり。

 

次に、冷たいガーゼを当てられて、

「冷たい?」

と聞かれます。

 

こちらも最初、冷たさを感じていたのですが、

足、お腹、胸とだんだん冷たさも感じなくなりました。

 

麻酔って本当に、麻痺して動けなくなるんだなと

身を持って実感した瞬間でした。

 

足の動きも、冷たさの感覚も全然わからなくなったところで、

「もうすぐ眠らせてあげるからね。」

と言われてからは、もう手術室の記憶はありません。

 

次に意識が戻るのは、自分の病室に戻った時となります。

 

 

術後すぐに注意したいこと

 

手術が終わり、病室で目がさめると

体からいろいろな管が通されていることがわかります。

 

口には酸素マスク

腰には麻酔の管

腕には何かの点滴の管

膝からは血抜きの管

尿菅まで挿入されていました。

 

麻酔が効いていたおかげか、痛みはほとんどありませんでした。

体中重だるいって感じですね。

 

手術直後の膝はこんな感じ。

f:id:kimamaniyakuzaisi:20170915180552j:plain

目が覚めたことに気づいた看護師さんが晩御飯を持ってきてくれるのですが、

自力で起きることができず、起き上がったら起き上がったで気持ち悪くて

食事どころではありませんでした。

 

あと、術後気をつけた方が良いのは、寝ている体勢です。

 

麻酔が効いているためか、ベッドとの背中の圧迫に気がつきにくいです。

体勢を変えようと思っても、たくさん管と繋がっているため動きづらいです。

てか、動いて良いのかわかりません。

 

しかし、ずっと同じ体勢でいると麻酔が切れた頃、すごく痛み始めるんです。

寝たきりの人が体位を変えないでいると褥瘡になってしまうのと似ていると思います。

 

褥瘡(じょくそう、Bedsore, Pressure sore, Pressure ulcerDecubitus ulcer)は、臨床的には、患者が長期にわたり同じ体勢で寝たきり等になった場合、体と支持面(多くはベッド)との接触局所で血行が不全となって、周辺組織に壊死を起こすものをいう。一般には床ずれ(とこずれ)とも呼ばれる。 ウィキペディアより引用

 

入院中で唯一、ナースコールを使ったのがこの時です。

夜中に背中が痛くなってしまい、動くにも動けずにいたため、

看護師さんに頼んで、状態を起こさず、体を斜めに傾けてもらい

ベッドと背中の接地面を変えてもらいました。

 

術後やリハビリ時の痛みよりも、こっちの痛みの方が僕は辛かったです。

手術の直接的な痛みだけではなく、

ベットに戻ってからの注意で避けられる痛みもありますので、

ぜひとも、体位変換には注意して頂きたいです。

 

 

術後、リハビリ編に続きます。