やくざいしめんきょもってるだけ

26歳から薬局長を勤めたいち勤め人の思うこと

残業代は悪。休日出勤手当はOK。謎な薬局の仕組み。

 

時間外労働に対する割増賃金として、残業手当。

休日労働に対する割増賃金として、休日手当。

これらがそれぞれ支給されます。

 

残業手当は過剰に削減したがるが、

休日手当には文句を言わない薬局についてお話します。

 

 

 残業手当と休日手当どっちが高い?

 

残業手当と休日手当。

どのように規定されているのでしょう?

これは会社によって割増率が違っているんでしょうか?

 

以前いた薬局では

残業手当より休日手当の方が高い割増率になっていました。

 

残業手当は1時間あたりの基礎賃金×1.25

休日手当は1時間あたりの基礎賃金×1.35

 

といった感じでしょうか。

 

会社として、人件費を削減したいのであれば、

残業手当より金額の高い休日手当は

さらに削減したい対象なのではないかと考えます。

 

 

 

変形時間労働性の取り扱い

 

しかし、残業代は散々減らすよう指示は出されるのですが、

休日出勤の削減については全く何も言われません。

 

この会社の変形労働での残業代削減のあり方については

こちらの記事で紹介させて頂いています。

kimamaniyakuzaisi.hatenablog.com

そもそも、上記記事のような変形労働での業務の組み方をすると、

月〜金まで毎日2時間早く帰って、土日に5時間ずつ働くという

休日のない方法まで許されてしまいます。

 

休日が存在しなければ、休日手当も発生しないという

考えなんでしょうか。。。

 

日曜日に薬局を開くのは、当番が当たったくらいの時でしたから

さすがにそんな業務の仕方はありませんでしたが、

365日営業の薬局だったらと考えると恐ろしいです。

 

 

 

残業手当も休日手当もいらんから早く帰してくれ

 

会社の末端にいるいち薬局長としては理解に苦しむのですが、

なぜそうまでして残業代0にしたがるのでしょう?

 

地区30店舗の薬剤師応援や休日を取れているか調整をしていた

自分からすると、近隣クリニックの診察時間の延長など

致し方ない残業代は発生しても仕方ない部分だと考えています。

 

もちろん全部が全部の残業代を支給しろといっている訳ではありません。

ダラダラ残って残業を請求する気なんてサラサラない訳です。

早く職場から立ち去りたいのです。

 

 

 

休日手当支給の裏技

 

残業代は出さないが、休日手当に文句を言わないこと、

変形時間労働の制度を利用し、

この会社にお金を出させる方法を編み出しました。

 

それは、

 

月〜金まで1時間残業発生していたのを

それが通常シフト業務扱いであるように付け替え

 

土曜日は半日営業があるにも関わらず、

シフト上休日扱いにし、実際には半日出勤をして

休日出勤として申請を上げるのです。

 

 

実際に働いているので文句はないでしょう。

これがなんの権力も持たない末端の薬局長のせめてもの抵抗でした。

自分の身は自分で守らないと、会社に搾取されゆくだけです。

 

あなたの会社にも謎の風習がいくつかまかり通っていのではないでしょうか?

 

 

 

会社のお金の出しどころ間違えてないかっていう風潮はこちらにもございます。

kimamaniyakuzaisi.hatenablog.com