やくざいしめんきょもってるだけ

26歳から薬局長を勤めたいち勤め人の思うこと

別になんとも思わなかったけど、処方せん付け替え問題を考えてみた。

 

なにやら薬業界は

薬歴未記載問題の次は、

処方せんの付け替え問題が熱いようだ。

 

どちらの問題にしろ、患者にとっては

少し窓口の負担金が変わる程度で

大した関係のないことなのかなと思う。

 

 

 

別に驚かなかったよ

 

ニュースになっても特に驚くこともなかったですね。

 

「まぁ、そうやれば点数稼げるよね。」

「やっちゃったね。」

「誰がタレ込んだんだろう??」

 

程度なものです。

 

予想していたわけではないけれど、

想定の範囲内の不正と言ったところでしょうか。

 

 

 

調剤基本料仕組み解説

 

一応、なにが問題だったか解説すると、

薬局に利益が出るように、

処方せんの受付を、薬局間でちょろまかしたんですね。

 

実際に処方せんを受けた薬局で、受けてないことにしたり、

実際に処方せんを受けてないのに、受けたことにしたり、

です。

 

特定の医療機関の処方せんばかり集中して受けていると

減点されてしまう保険の仕組みになっています。

 

その集中率や受付回数を意図的に操作したんですね。

チェーンなどで何件も薬局があるからこそできる技です。

 

 

これをすることによって最低でも

16点の差が生まれます。

 

16点といえば160円です。

患者にとっては1〜3割負担なんで

ほとんど気づかない程度かもしれません。

 

しかし、

 

会社にとっては1件につき160円なので、

1日100件くる薬局だとしたら1ヶ月で

100件×22日×160円=352000円

 

利益がまるまる35万円以上なくなってしまうことになるのです。

処方せん枚数が増えるともっとです。

 

この損失は会社からするとたまったもんではありません。

患者にとっては全く関係のない話です。

 

 

 

みんな疲弊してんな

 

みんな会社の首脳陣にプレッシャーをかけられ続けています。

売上前年比とか、調剤報酬の改正で減った分をどうプラスにしていくか等

数字を求められているのです。

 

売上の達成ができなければ対策書の提出です。

会社は患者の健康なんて望んでいません。

みんな健康になってしまったら薬局は潰れてしまいます。

 

 

薬局長やその上のエリアマネージャーあたりが

毎日、大層なストレスにさらされているのではないかと思います。

 

きっと上層部の圧力に耐えに耐えかねて、

点数の調整に走ってしまったり、

 

それを許せなかった人が内部告発したり、

したのかなと勝手に想像してしまいます。

 

 

 

次は薬局からなにが出てくるか

 

点数のちょろまかしくらい大したことないと感じてしまいます。

 

そのうち、今まで表に出ずもみ消してきた

薬を間違って患者を入院させたとか、

全く違う薬を調剤したとか、

もっと大きな問題が表に出てくるのではないかと考えます。

 

いつ、どこで、どんな内部告発が起きるかとか、

気になって仕方がないですね。