やくざいしめんきょもってるだけ

26歳から薬局長を勤めたいち勤め人の思うこと

敷地内薬局。門内薬局。患者にとって何か不利益があるの?

 

薬歴未記載問題

処方せん付け替え問題

 

ポロポロと問題が出てくる中

 

今度は

 

「敷地内薬局」「門内薬局」

 

と言うものが議論されているようです。

 

何が問題になっているのか?

患者にとってはどうなのか?

まとめてみました。

 

 

 

患者の利便性向上

 

患者がどこの薬局へ行くか決めるのは自由です。

 

病院の近くでもらうのも良いし。

自分の家の近くでもらうのも良し。

 

選択肢が増えるのは別に悪いこととは思いません。

 

「患者利便性」

と言う主張を

医療機関と一体化している」

「チェック機能が効かなくなる」

と反論して阻止しようとする勢力もあるようです。

 

 

 

”かかりつけ薬剤師、薬局の推進”

 

”患者の服薬状況を一元的、継続的に把握すること”が

薬剤師に求められています。

 

患者もそうしてくれた方が良いと思う人もいるでしょう。

 

 

そこには薬局が

病院の敷地内にあろうが、

病院の門前にあろうが、

住宅街の中にあろうが、

 

求められている事をするのに関係ないと考えます。

 

どこで薬局を開こうが、

”服薬状況を一元的、継続的に把握すること”

をその店の薬剤師がやれば良いわけです。

 

 

どうも、門前や門内薬局では

このかかりつけの機能を有さないと考える人達もいるようです。

 

 

 

門前からかかりつけ、そして地域へ

 

これからの薬局のビジョンとして

「門前からかかりつけ、そして地域へ」

このような言葉が引き合いに出されます。

 

門外から門内への薬局の誘致は

これに反すると敷地内薬局反対派は言っているようです。

 

門内にあっても、地域に貢献していれば

関係ないのではないかと思ってしまいます。

 

 

特定の医療機関の処方せん集中率の高いと

薬局が基本料を安くされてしまうのもおかしな話です。

 

患者にとっては集中率なんて関係のない話だし、

そこにお気にに入りの薬剤師がいるのであれば

何も問題のないことです。

 

こんな料金体系にするから、

処方せんの付け替え問題とかが

発生してしまうのではないかと思ってしまいます。 

別になんとも思わなかったけど、処方せん付け替え問題を考えてみた。 - やくざいしめんきょもってるだけ

 

 

 

保険薬局と保険医療機関は構造的、経営的な分離

 

 

医薬分業の基では、

薬局と医療機関は構造的、経営的に分離していなければならないようです。

 

個人的にはコンビニやスタバが病院の中に入っているのだから、

いっそのこと、どこぞのドラッグストアが入っても問題ないのではないかと

考えてしまったりします。

 

どうもこれは構造上分離されていないと見なされダメなようです。

コンビニよりもドラッグストアの方が、

絶対入院生活に必要なモノが、安価に手に入ると思います。

 

 

経営的に分離とはどこで判断しているんでしょうね?

この辺はちょっとよくわかりません。

 

経営的には別になっていても、

薬局を自分の言う通りにコントロールしたい医者もいますでしょうに。

「医薬分業なんて建前だ!俺の患者を優先しろ!」と医者に言われた薬剤師 - やくざいしめんきょもってるだけ

 

 

 

結論

 

薬歴未記載問題

処方せん付け替え問題

敷地内薬局問題

 

どれにしても、

この業界内での問題で

患者がどこかに置いてけぼりな気がします。

 

いろんな業界がこう目指すぞって指針はあるみたいだけど、

実際、患者さんはどう思っているんだろうか。