やくざいしめんきょもってるだけ

26歳から薬局長を勤めたいち勤め人の思うこと

奥尻島を原付で1周し、日帰旅行する際に注意するべきこと6選

 

GWが終わった直後に奥尻島に上陸したことがあります。

奥尻島はナイトマラソンや鍋つる岩を筆頭に

北海道では有名な観光スポットになっています。

 

島好きにはたまらない観光スポットです。

 

しかし、

5月の北海道の原付旅行には注意すべきこともあるのでまとめました。

 

ちなみに、こちらが鍋つる岩と、道端に落ちていたウニ

f:id:kimamaniyakuzaisi:20171005004656j:plain

 

  1. 防寒対策
  2. フェリーの運行期間
  3. フェリーの出航時間
  4. ウニの季節じゃない
  5. 原付が借りれるのは島で1社だけ
  6. 島1周約80km

 

以上6点が考えられましたので1つずつ見ていきます。

 

 

 

防寒対策

 

北海道の5月のGW後といえば桜が咲くか、咲かないかくらいの時期です。

桜が咲く中でも、寒い寒いと言いながらジンギスカンをつつく感覚です。

 

原付を運転するとなると、

体感温度はもっと寒くなります。

 

ゆえに、手袋や上着は必需品です。

ネックフォーマーまであったら最高です。

 

間違っても、

半袖で運転することのないよう注意したいところです。

 

 

 

フェリーの運行期間

 

奥尻島には、北海道本土からは

せたな町と江差町のフェリーターミナルから行くことができます。

 

十分な時間が確保できて、島で1泊する余裕があれば良いのですが、

日帰りで島を1周しようと思うとフェリーの運行期間を

確認しなければなりません。

 

せたな町からは

5月〜10月しか運行していないのと、

1日1往復しか出ておらず、

日帰り旅行すするのは不可能な運行状況になっています。

 

日帰りをするためには、

江差町のフェリーターミナルを使用しなければなりません。

 

江差からは通年で運行されているのですが、

日帰りが可能な運行スケジュールは

5月から10月15日までの間だけとなっております。

 

こちらが江差港フェリーターミナル

f:id:kimamaniyakuzaisi:20171005004743j:plain

 

 

フェリーの出航時間

 

日帰り可能な期間がわかったら、

次はタイムスケヂュールの確認です。

 

日帰りをするためには、朝一の便に乗る必要があります。 

 9:30〜11:40の便で出発し、

15:55~18:05の便で帰らなければなりません。

 

イムリミットは

11:40~15:55の4時間ほどです。

 

 

 

ウニの季節じゃない

 

ウニには猟期があります。

残念ながら5月には食べることができません。

 

5月からは港で、うにまる君がお出迎えをしてくれるのですが、

肝心のウニは食べることができませんので

行ってからガッカリすることのないよう覚えておいて下さい。

 

こちらがお出迎えしてくれるうにまる君と奥尻港フェリーターミナル

 

f:id:kimamaniyakuzaisi:20171005004049j:plain

入港時も、出航時もずっと立っててくれます。

f:id:kimamaniyakuzaisi:20171005004233j:plain

近くでみると、ちょっとすすけてる。。

きっと、雨の日も頑張っている証拠。

f:id:kimamaniyakuzaisi:20171005004347j:plain

 

 

 

迷ったら観光案内所

 

僕は原付が借りれると知らずに、

ノープランで上陸していました。

「とりあえず、行ってみよう!」のノリです。

 

そうなると、頼りになるのは観光案内所です。

観光案内所はフェリーターミル内にあり、

散策2時間コース、3時間コース、食事処、レンタカーの借りれる場所など

とても丁寧に教えてくれます。

 

迷ったら、まず観光案内所にいけば間違いはありません。

そこでレンタルバイクをしている店があると聞いて、

島1周をすることを決めたんです!

 

 

 

原付が借りれるのは島で1社だけ

 

島にレンタルバイクをしている店舗は1店舗のみです。

レンタカータカダ | 奥尻島観光協会

こちらのレンタカータカダです。

 

港から歩いて20分程度にあり、

少し離れていますが、道中には鍋つる岩もあるので

歩くのが苦ではなければ散歩がてら歩いて良いと思います。

 

歩くのが嫌でも、

電話をすればフェリーターミナルまで送り迎えをしてくれますので

電話をしてみましょう。

 

高田商店を営むご夫婦が迎え入れてくれます。

 

f:id:kimamaniyakuzaisi:20171005010857j:plain

 

GWや夏休みになると混み合うとおっしゃてたので、

事前予約がオススメです。

 

 

 

島1周約80km

 

原付を借りる時に島1周で約80km程度と聞き

時速30kmで走っていたら、あまり見て回る時間はなく

結構ギリギリになってしまいます。

 

僕は島のゆるキャラでもある、

うにまる君の

うにまる公園に行って、

うにまるモニュメントは

しっかり見てきました。

 

借りた原付とともにパシャり

f:id:kimamaniyakuzaisi:20171005012445j:plain

 

この日は雨も降ってしまい、

道中にあるホーマックニコットでカッパを購入し、

1時間40分ほどで島1周を終わらせました。

 

スピードを出してしまうと寒すが厳しく、

高田商店さんが手袋を貸してくれていなかったら

本当にやばかったです。

 

島1周を終えて帰ってきた時に

暖かいコーヒーをご馳走してくれた時は

心まで温まりました。

 

 

 

最後に

 

奥尻島への観光は

フェリーの時間さえ把握しておけば日帰りも可能です。

ぜひ、1度は行ってみて欲しいところです。

 

 

PS.

フェリーは新しくとても綺麗な内装です。

f:id:kimamaniyakuzaisi:20171005013322j:plain

f:id:kimamaniyakuzaisi:20171005013338j:plain

 

f:id:kimamaniyakuzaisi:20171005013349j:plain

 

f:id:kimamaniyakuzaisi:20171005013358j:plain