やくざいしめんきょもってるだけ

26歳から薬局長を勤めたいち勤め人の思うこと

「医薬分業なんて建前だ!俺の患者を優先しろ!」と医者に言われた薬剤師

 

「医薬分業は建前」らしいです。

「患者が減るのは薬局が薬を出すのが遅いから」だそうです。

 

まぁ、薬局は前年比ずっとプラスで推移しておりましたがね。

呼び出されて、こうもまっすぐ言われると清々しいです。

 

もう僕は医者には逆らいません。

好きにやってくれと思います。

 

 

薬局長!喧嘩したらダメだからね!

 

ほんと、こんな医者、関わらないにつきます。

いち雇われ薬局長にはなんの権限も存在しない。

隣の医者の言いなりもいいとこです。

 

「俺の電話にはすぐに出ろ」

「俺が電話した時に通話中になってんじゃねぇ」

 

こっちの話なんて聞きやしない。

こっちは普通に仕事してんだよ。

てめーの都合だけに合わせてられるかって。

 

 

ある日呼び出されて、本当にめんどくさくて、

どうなっても良いから、喧嘩売ってやろうと密かに思っていました。

 

さっさと喧嘩売って嫌われて他にとばされた方が

早く楽になれたかもしれません。

 

するとベテラン薬剤師さんに

「薬局長!喧嘩してきちゃダメだからね!」

と、とめられてしまいました。

 

もう喧嘩する気が、見え見えだったんでしょうか。

この制止のおかげで、医者の前ではイエスマンでなんとか過ごしました。

 

 

 

先代からの関係

 

どうも先代の医者が院外に処方せんを出し始めた時に、

こっちの会社の偉い人との繋がりで薬局を開局させたようです。

 

2代目の息子は息子でこのありさま。

先代は先代で、日曜日に個人携帯に電話かけてきて、

 

マイスリー睡眠薬)持ってきて」

「点鼻持ってきてくれ」

「後で処方せん書いとくから」

 

せめて、営業時間内に注文しにきてください。

俺はあんたの部下じゃないんだ。

休日も何もあったもんじゃない。

このもうろくジジイがっ!!

 

 

クリニックの事務員を薬局が募集

 

隣のクリニックは、定期的に事務員が辞める。

その補充をなぜか、薬局に求めてくる。

 

薬局長より上の上司は医者にはイエスマンでしかない。

薬局の事務に、隣のクリニックの事務にならないかと進めまくる。

 

結果、現状を知っている薬局の事務員は誰も行くことはありません。

そうなると、求人をかけることになる。

なぜ薬局がそこまでクリニックの世話を焼かなければならないのか。。。

 

 

 

院長先生、理事長先生を奉る

 

薬出すの大好き先生

新薬大好き先生

これらの先生様はとても丁重に扱われます。

 

製薬会社

医薬品卸

薬局

みんなが喜びます。

 

薬大好きな患者も喜びます。

こんな誰もが喜ぶことはさぞかし良いことなんだと思います。

 

だけど、マジでこんな医者は嫌いだ。

忘年会と呼ばれる奉る会など本当に吐き気がする。

 

 

 

 

 

患者の場合、このような医者をうまく使ったクレームの入れ方がこちらです。

kimamaniyakuzaisi.hatenablog.com